留学にかかる費用

留学にかかる費用

留学にかかる費用 オーストラリアの高校留学の生活でかかる費用は、滞在する期間で大きく変わると言われています。1ヶ月くらいの短期留学では30万円~60万円要るのだそうです。1学期である3ヶ月では、80万円~100万円になり、2学期は120万円~200万円かかります。1年留学すれば、200万円~450万円と言われています。学校生活でかかるのは、入学金や授業料、教材費や制服代になります。滞在先の関連なら、ホームステイ費や寮費が必要でしょう。

その他、高校留学の食事代はホームステイの代金や寮費に含まれています。それ以外は、学校まで行くための交通費に自由に使うためのお小遣いが必要です。日本の高校に通いながら留学をする場合には、夏休みを使って1ヶ月間程の短期の留学がお勧めです。1週間だけの留学をする超短期留学ができることもあるでしょう。この場合には、費用は約20万円になり、大変お安くなるようです。公立か私立かでも代金は大きく変わります。

オーストラリアでの高校留学では事前に費用を準備しておくことが重要

オーストラリアでの高校留学では事前に費用を準備しておくことが重要 大学での留学では、費用面を考慮したビザを取得することがとても大切です。現地でお金を稼げる手段を持っておかないと、トラブルになったときに対応することができなくなる可能性があるからです。一方で、高校留学の場合には学生ビザを利用した高校留学が一般的であるため、現地でお金を集めるよりも事前に準備しておくことが重要になります。どの程度のお金が必要になるのかを調べておき、それに応じた計画を練っておくことです。

高校留学では、元々授業料を免除してもらったり、留学先での面倒を見てくれる保護者のような人達が付いてくれることが普通です。交換留学などを行う時には顕著で、オーストラリアにはそういった生徒を受け入れるだけの準備が整っています。特に、ガーディアン制度という生徒が安全に生活ができるシステムはとても秀逸で、勉強に専念できる環境です。ですから、高校留学では事前に費用を計算して免除制度などがあるときには利用できるかどうかも確認しておくことが大切です。

新着情報

◎2021/1/13

成績はどれくらい必要か
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

留学費用を浮かせるには?
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

留学にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「留学 生活」
に関連するツイート
Twitter

留学不幸ネタ② 遡りますが、私のホームステイ先はこれまで生活保護っぽい一人暮らしのタンザニア人のイングランド出身マダム。 到着1週間で国に帰るのでと出て行かされる。

アメリカの生活習慣・カルチャー体験談 治安・暗黙のルールについて 移住・留学・旅行の前に

返信先:生活が厳しいとかは、全く思ってないですが、今、海外留学してる彼女が帰って来た時に、少しでも幸せな環境をつくりたいです。

【いい旅いい本インタビュー】『留学先で手に取った1冊の本が過去と未来をまっすぐに繋いだ』外大生の留学生活を読書や言葉の視点から切り込みます!

勉強だけではないと思い賛同しかねる。 私は第一志望を落ち、第二志望に進んだ。ショックあり倒れ持病化、今も通院している。でも大学生活は楽しかったし得る物も多かった。特に英留学は。その後国立大学院に進み、修士号を得た。9年浪人するぐらいなら別の目先に向ける。